レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  > 経済産業省「DXレポート(2025年の崖)」の解説と、Win7/Win2008のサポート

セミナー開催概要

ホストもWindowsも!クラウド時代のレガシーモダナイゼーション 〜変換デモや移行事例などレガシーシステム問題解決のヒント満載〜経済産業省「DXレポート(2025年の崖)」の解説とWin7/Win2008のサポート

本セミナーは終了しました。

 

最近、話題を集めている「デジタルトランスフォーメーション(DX)」、さらには2020年1月に延長サポートが終了するWindows7/WindowsServer2008 R2で構築されたオープンレガシー問題。多くの企業が今関心を寄せるこれらのテーマを無料セミナーで紹介します。関西地区の情報システム担当者には絶好の機会です。夏休み前に気になる課題を解決しませんか。

今回の大阪開催セミナーでは、今、旬のキーワードとなっている「DX推進/2025年の崖」と「Windows7/WindowsServer2008 R2 サポート終了」の2つをテーマにお送りします。

デジタル技術の駆使により新たな価値の創造や、既存のビジネスプロセスを改革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の動きが活発化しています。経済産業省がまとめた「DXレポート」では、レガシーシステムの現状やIT課題についてさまざまな指摘がされており、「2025年の崖」という言葉も使われています。DXを推進していくためには、まず複雑化・ブラックボックス化した既存システムをどう見直し、刷新していくかが重要となります。

今回のセミナーでは、その対応策を踏まえたDX推進上のポイントを紹介するほか、Windows7/  WindowsServer2008 R2 上のVBアプリ資産からの脱却にも焦点を当て、モダナイゼーションの「診断・分析・リライト」を既存IT資産の有効活用にいかに役立てていけるのか、についても解説します。

DX/2025年の崖の概要を知るとともに、Windows7/WindowsServer2008R2の延長サポート終了に伴うWindowsレガシーからの脱却の具体的方策も併せて聴くことができる今回のセミナー、レガシーシステム再構築・刷新を検討中の企業には必聴の内容です。参加費は無料(事前登録制)です。多くの皆様の参加をお待ち申し上げております。

本セミナーは終了しました。

お申し込みはこちらをクリック

実施要領

日 時

2019年 7 月 26 日(金)14:30〜16:30(14:00〜受付開始)

場 所

大阪事業所 セミナールーム
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-5-16 肥後橋MIDビル 2階(地図

アクセス 大阪メトロ四つ橋線 肥後橋駅 5-B出口 目の前
大阪メトロ御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩6分
京阪本線      淀屋橋駅 徒歩8分
京阪中之島線    渡辺橋駅 徒歩4分
主 催 株式会社システムズ

募集人数

15名

※お申込み順に受付いたしますので、お早めにお申込みください。

対 象

デジタルトランスフォーメーション(DX)におけるレガシーシステム対応に関心をお持ちのユーザー企業のご担当者、またレガシー化したVBアプリケーション資産のWindows7 サポート終了後の維持に課題を抱えるご担当者

※本セミナーは、法人のユーザー企業様を対象に企画しております。
個人様および同業他社様のお申込みにつきましてはご遠慮ください。

参加費用

参加無料/事前登録制

締 切

2019年 7 月 25 日(木)

セミナープログラム


14:00 受付開始
14:30 オープニング(ご挨拶/当日のアジェンダ紹介)
14:40
|
15:30

< セッション1 >
DX推進、レガシー脱却に向けた現状把握・将来計画の策定法
~2025年の崖の克服とデジタルトランスフォーメーションの実現~

20年以上レガシーのモダナイゼーションを実施した経験から棚卸等の現状システム分析手法及び効果について解説します。また、DX推進に向けた将来計画策定のアプローチプロセスについても紹介します。

大阪事業所
所長 新里 隆行

  【休 憩】
15:40
|
16:30

< セッション2 >
迫る!Windows7 & Windows Server 2008 サポート終了に向けて
やるなら今!VB6.0アプリ資産モダナイゼーションの進め方

2020年のWindows7とWindows Server 2008/R2のサポート終了まで残りわずかとなり、特にVisual Basic6.0(VB6.0)で開発されたアプリ資産の移行対策に関するお問い合わせがますます増加しつつあります。サーバおよびクライアントOSのサポート終了で増大するセキュリティリスク、厳しい状況に追い込まれつつある開発と稼働環境、といったさまざまな課題が伴い、今後VB6.0アプリ資産をどうしていくのか?これから早急に対処しておきたいレガシー化するVBアプリ問題を、当社独自のVB変換ツールのデモも交えて分かりやすくお答えします。

開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー 板倉 利幸

16:30 閉会/モダナイゼーションに関する個別ご相談など

※講師および講演内容が変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
※セミナーは、ユーザ企業様対象のセミナーとなっております。
 個人ならびに同業他社様のお申し込みはご遠慮ください

文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本セミナーは終了しました。

お申し込みはこちらをクリック

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ 開発事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)