レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2010年開催のセミナー・出展イベント  >  NTTソフトウェア/システムズ共同セミナー

セミナーレポート

NTTソフトウェア/システムズ共同セミナーの第2弾
「システム再構築提言セミナー」を開催

システムズは9月15日(水)、東京・品川区にあるNTTソフトウェア株式会社で、同社との共催により、
「システム再構築 提言セミナー 〜レガシーマイグレーションとリビルドによるシステム再構築技法のご紹介〜」と題したセミナーを実施しました。

本セミナーは、NTTソフトウェア主催、システムズ共催によるもので、6月に続く2回目の共同セミナーとなります。前回に引き続き、今回のセミナーでも、レガシー化した基幹システムの再構築を検討している企業を対象に、エンジニアリング型マイグレーション手法とアジャイル型リビルド開発手法によるシステム再構築技法の紹介を行いました。

はじめに、NTTソフトウェア株式会社 ソリューション営業部門長の小牧徳夫氏から、冒頭の挨拶を兼ねて、同社の概要と事業内容の紹介、マイグレーションの現状やレガシーシステムの課題、システムズとの協業の位置づけなどが説明されました。

続いて、当社から「マイグレーションのプロに学ぶ!〜レガシーシステム刷新・拡張の課題と解決策〜」というテーマで講演を行いました。まずレガシーマイグレーションの定義や基本的な考え方を紹介、そのあと、マイグレーションのロードマップや移行費用の考え方、プロバイダによって費用に差が出るのはなぜか、といった話題に転じ、受講者の高い注目を集めていました。また後半は、マイグレーションによる効果について、実際に適用した企業での事例を紹介しました。また、マイグレーションによる運用コスト削減やシステムのスリム化効果だけでなく、課題やリスクについても触れました。マイグレーションの落とし穴や、それを回避する方法などの紹介では、参加者が熱心に聞き入る光景が見られました。

最後は、NTTソフトウェア株式会社 サイバーコミュニケーション事業ユニット 副ユニット長の佐々木聡氏から、「失敗しないマイグレーションの進め方」に関する講演がありました。佐々木氏は、メディアアンケートや顧客へのヒアリングをもとにレガシーシステムの抱える課題を取り上げた後、“使われるシステム”に向けたアジャイル開発手法を提案、Sapiens(サピエンス)の概要や特徴、機能がデモを交えて紹介されました。

システムズでは、東京・五反田の本社ビルで定期的に無料マイグレーションセミナーを開催しています。今回のセミナーにご参加いただけなかった方や、より詳しい情報をお求めの方は、ぜひ足をお運びください。

プログラム


13:30〜 受付開始
14:00〜14:15 基幹システム再構築手法とは
NTTソフトウェア株式会社
営業推進本部 法人営業部 ソリューション営業部門 部門長 小牧 徳夫氏
14:15〜15:30 『マイグレーションのプロに学ぶ!レガシーシステム刷新・拡張の課題と解決策』
〜 システム再構築に有効な本格的マイグレーション手法、そのコツを公開 〜
株式会社システムズ
マイグレーション事業本部 営業企画推進部 担当部長 中本 周志
15:50〜16:40

『失敗しないマイグレーションの進め方』
〜 システム更改の課題に俊敏に応えるアジャイル開発手法のご紹介 〜
NTTソフトウェア株式会社
ネットワークサービス・ソリューション事業グループ
サイバーコミュニケーション事業ユニット 副ユニット長 佐々木 聡 氏


会場は多くの受講者で満席となった。
   
NTTソフトウェア 小牧徳夫氏   当社の中本周志   NTTソフトウェア 佐々木 聡氏

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)