レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2013年開催のセミナー・出展イベント  >  Windows XPサポート終了 対策セミナー

セミナーレポート

盛況理に終了!
「延長サポート終了まで、あと300日 / Windows XP サポート終了 対策セミナー」

〜 新OSへの移行からVB6.0 アプリ資産のマイグレーションまでの諸問題の処方箋を解説します 〜

 
気温36℃という暑さに負けない熱気に溢れた、満杯の会場   デモ用に開発したプログラムを使ってマイグレーションの工程を披露した

システムズは、7月11日(木)に東京・品川区のTKP品川カンファレンスセンターで、「延長サポート終了まで、あと300日/Windows XPサポート終了 対策セミナー」を開催しました。事前登録は60名を超え、猛暑にもかかわらず多くの受講者が詰めかけ、盛況裡に終了しました。ご来場いただいた皆様には、改めてお礼申し上げます。

来春、Windows XP の延長サポートが終了します。新OSへの移行はもとより、Windows XP環境下でVisualBasic 6.0で開発されたアプリケーション資産の動作確認、マイグレーション検討など、どの企業においても、解決すべきさまざまな問題を抱えています。今回のセミナーは、このWindowsレガシー問題をテーマに、ゲスト講師による講演からデモまでの興味深いプログラムをご用意したものです。

最初のプログラムとして、アイティメディア株式会社、@IT 編集長の大津 心氏をゲストスピーカーに招き、「XPサポート問題から考えるSIerの未来」と題した基調講演をお願いしました。大津氏は、まず、Windows XPの現状を解説し、残り9か月を切ったWndows XPのサポート終了がどういう影響を与えるのか、マイクロソフトやパートナー各社の対応状況を概説しました。続いて、当社と共同で行ったシステムのブラックボックス化状況についてのアンケート調査結果を紹介しました。後半では、Windows XPを使い続けることのリスクや移行パターンの事例などをテーマに解説し、受講者が熱心に聞き入る光景が見られました。

続いて、当社の中本周志が、「迫る!Windows XPサポート終了 新OSへの移行やVB6.0アプリ資産のマイグレーションの勘所」というテーマで講演を行いました。当社の概要紹介の後、Windows XPサポート終了によって起こるであろう問題点を挙げた中本は、Windows7または8に移行する場合に検討すべきポイントについて解説しながら、参考となる情報やWebサイトなども紹介しました。また、レガシーアプリケーションへの影響にも言及、Office2003のサポート終了の影響や、VB6.0で開発されたアプリ資産の抱える問題について取り上げました。また、VB6.0からVB.NETへのマイグレーションアプローチについて触れ、品質確保を重視したシステムズのマイグレーションの考え方や移行の手順などを紹介しました。

最後に登壇した当社のソリューション開発グループリーダーの板倉利幸は、システム見直しの流れ、刷新の方向性について概説したあと、VBマイグレーションやACCESSマイグレーションの事例をいくつか紹介しました。このあと、実際に開発したプログラムを用意し、VB6.0からVB .NETのマイグレーションデモを実施、アップグレードウィザードの実行からエラーの一覧化、エラーごとの変換設計、変換ツールの実行、比較検証テストまでのフローを、画面を見せながら紹介しました。

システムズでは、今回のようなマイグレーションの動向解説や事例を取り上げた無料セミナーを定期的に開催しています。今回の基調講演でも紹介されたブラックボックス化の状況については、7月25日にアイティメディア株式会社の主催、当社の協賛により、「企業システムのブラックボックスはなぜなくならないのか?〜ここからその解決策の糸口を探る〜」というテーマの無料セミナーを実施します。お仕事が終わってからでも参加できる18時半からのスタートです。ぜひお気軽にご参加ください。

中本周志   山田浩行   高尾勇次
基調講演をいただいた@IT編集長の
大津 心氏
  2番目のセッションを担当した当社の
中本周志
  当社の板倉利幸は事例とデモを紹介

プログラム


13:30 【受付開始】
14:00〜14:40 <session1> 基調講演
XPサポート問題から考えるSIerの未来

XPサポート終了問題で業界が湧いている。サポート終了に伴い、多くのベンダ/SIerがクライアントへマイグレーションや追加開発提案などを積極的に行っている。

この提案を機に、クライアントの信頼を勝ち取り、大きな開発案件へつなげるベンダもいる。一方で、Windows 7 PCへの単純な入れ替えのみに終わってしまうベンダも多い。この差はどこにあるのだろうか? 事例取材や調査結果を基にSIerの今後を探る。

アイティメディア株式会社
@IT 編集長 大津 心 氏

>> 発表資料(PDF:3.87MB)

  < 休憩 >
14:50〜15:40 <session2>
迫る!Windows XPサポート終了
新OSへの移行やVB6.0アプリ資産のマイグレーションの勘所
  • Windows XPサポート終了で注目される諸問題とは
  • セキュリティ問題/アップグレードパスの課題/32ビットと64ビット/アプリケーションの動作確認
  • 新OS(Windows7・8)への移行のポイント
  • VB6.0で開発されたアプリ資産の抱える諸問題
  • VB6.0アプリの開発環境としてのWindows XPをどうするか?
  • VB6.0アプリの動作環境としての新OS環境をどうするか?
  • VB6.0からVB.NET(ドットネット)へのマイグレーションアプローチとは?
  • Windows XPと同時に、Office2003もサポート終了、その影響も解説

マイグレーション事業本部
担当部長 中本 周志

>> 発表資料(PDF:2.54MB)

  < 休憩 >
15:50〜16:30 <session3>
レガシー化したOSやOffice、VB6.0アプリ資産の移行事例のご紹介とツール変換デモ
  • VB6.0アプリ資産のマイグレーションによる移行事例
  • 【デモ】VB6.0⇒VB.Netマイグレーション実践〜自社開発アプリのマイグレーションデモ
  • アップグレードウィザードの実行
  • アップグレードエラーの一覧化
  • エラーごとの変換設計
  • 変換ツールの実行/手変換 など

開発事業本部 ソリューション開発グループ
リーダー 板倉 利幸

>> 発表資料(PDF:0.7MB)

16:30〜 質疑応答/マイグレーション(システム再構築)に関するご相談 等承り

注)セミナー発表資料の閲覧・ダウンロードは、本セミナーにご参加いただいた方に限定させていただいております。

 

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)