レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2013年開催のセミナー・出展イベント  >  ITpro EXPO 2013

セミナーレポート

ITpro EXPO 2013 に出展

レガシー乗り越えイノベーション
〜 既存システム資産の可視化からXPサポート終了対策マイグレーション

 
ブースでは、企業ITシステム問題の解決の糸口となる冊子を配布   来場者にブラックボックス化やXPサポート終了問題への注意を喚起した

システムズは、10月9日〜11日に東京ビッグサイトで開催された「ITpro EXPO 2013」に出展しました。

東ホールに設置された当社のブースでは、「レガシー乗り越えイノベーション〜既存システム資産の可視化からXPサポート終了対策マイグレーション」をテーマに、今まさに多くの企業にとって悩みとなっている企業ITシステムの問題にフォーカスし、乗り越えの解決策を提示しました。棚卸・移行性検証サービス、異言語(PL/1&4GL) to COBOLマイグレーション、VB6.0 to .NET マイグレーション、ERP化補完型部分マイグレーション、クラウド化マイグレーション、レガシーシステム可視化サービスなど、長年の実績とノウハウを誇る当社のマイグレーション関連サービスを紹介し、来場者からの注目を集めました。ブースにお立ち寄りいただいた方には、「ITシステムのブラックボックス化と目前に迫ったWindows XPサポート終了問題からレガシーシステムの課題を解決する」と題した冊子をプレゼントしました。

10月10日(木) の13:00〜13:40には、会場内のセミナールームで、「レガシー乗り越えイノベーション 進む企業システムのブラックボックス化解消の糸口とは」という演題でセミナーを実施しました。講演ではまず、ブラックボックス化の要因とそれがビジネスに与える影響を説明し、当社が実際に遭遇したブラックボックス化の事例を紹介しました。続いて、なぜブラックボックス化は起きるのか、保守の属人化などいくつかの要因を考察しながら、システム刷新だけでは根本的な解決にならないこと、ノウハウ継承の仕組みづくりが求められることを強調しました。最後に、実際にシステムズがブラックボックス化を解消した大手製造業での事例を紹介、当社が提案する「レガシーシステム可視化」アプローチについて解説しました。

 
さまざまなマイグレーションサービスをパネルや資料で紹介   ブース内プレゼンテーションに熱心に聞き入る光景も見られた
 
レガシーシステム可視化には大きな反響をいただいた   ERP化やクラウド移行の事例も関心を集めた
 
ブラックボックス化解消をテーマにしたセミナーは、ご覧のとおりの大盛況となった   講師を務めた当社の中本周志

 

出展製品/サービス


●マイグレーション棚卸・移行性検証サービス
 既存システムの最適な移行方式の検証・策定
●異言語(PL/1&4GL) to COBOLマイグレーション
 4GL等異言語で開発したIT資産をCOBOL化移行
●VB6.0 to .NET マイグレーション
 サポート切れVB6.0開発アプリの.NET化移行
●ERP化補完型部分マイグレーション
 ERP化で吸収できない既存システムの変換移行
●クラウド化マイグレーション
 オンプレミスからクラウド環境への変換移行
●レガシーシステム可視化サービス
 既存システム資産のドキュメント化等見える化支援

開催概要


名称 ITpro EXPO 2013
会期 2013年10月9日(水)〜10月11日(金)10:00〜17:30
会場 東京ビッグサイト 東4-6ホール
主催 日経BP社
同時開催 Cloud Days Tokyo 2013秋、ビッグデータ EXPO 2013秋、
スマートフォン & タブレット 2013秋、Security 2013、
モバイル & ソーシャル EXPO2013

 

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)