レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2014年開催のセミナー・出展イベント  >  Windows Server 2003 マイグレーションセミナー

セミナーレポート

「Windows Server 2003 マイグレーションセミナー」に大きな反響

システムズは6月26日(木)、東京・千代田区のベルサール神保町で開催された「Windows Server 2003 マイグレーションセミナー」(主催 : SBクリエイティブ株式会社、協賛 : SCSK株式会社、株式会社ファナティック、株式会社システムズ)に参加し、講演を行いました。

Windows Server 2003のサポートが2015年7月に終了しますが、企業にとっては、ハードウェアの移行だけでなく、アプリケーションやネットワーク、その他IT基盤などの変更や刷新も求められる大きな問題です。今回のセミナーは、Windows Server 2003移行問題における最新情報をゲストスピーカーや協賛企業により紹介したもので、会場には大勢の受講者が詰めかけました。

プログラムは、ゲスト講演「クラウド移行を視野に入れたインフラストラクチャー設計 〜 ハイブリッドな認証基盤 編」(日本マイクロソフト株式会社)で幕を開け、協賛企業であるSCSK株式会社や株式会社ファナティック、当社の講演、さらには、IDC Japan株式会社による特別講演、「第3のプラットフォーム時代に備える次世代ITインフラの展望〜Windows Server 2003マイグレーションをイノベーションにする〜」といった多彩なセッションが行われました。

中本周志

システムズの講演のタイトルは、「XPより影響大!? “手ごわい”サーバー移行の勘所〜 アプリケーションサーバーのマイグレーション検討シナリオ 〜」。前半は当社の中本周志が担当し、まず、Windows Server 2003サポート終了に関する情報を提供、サポート終了に伴う影響として、OSのサポート終了によるシステムへのリスク、関連製品のサポート終了によるシステムへのリスク、自社/取引先への影響(商取引へのリスク)の3つを挙げました。また、Windows Server 2003からWindows Server 2012へのバージョンアップの際の検討課題について解説、「ハードウェアの単純な置き換えだけでは済まなくなるため、早めの着手が重要だ」と強調しました。

続いて、話題をアプリケーションの移行に転じ、すでに2008年にサポート終了しているVB (Visual Basic) 6.0のユーザが抱える悩みを紹介、後継であるVB. NET化の難しさについて触れ、後半のスピーカーにマイクを渡しました。

板倉利幸

セッション後半を担当した当社の板倉利幸は、最初に「OS×NET Frameworkのバージョンアップ比較表」を見せながら、ポイントと注意事項について説明しました。続いて、VB6.0からのアップグレードはVB .NET 2008までしかできないことを強調し、VB6.0 → VB .NET 2003〜2008 → VB .NET2012への段階的アップグレードについて解説、VB6.0からのアップグレードは共通プログラム群の仕様が異なること、VB .NET 2003〜2008→2012へのアップグレードは比較的スムーズだが、サードパーティ製品では注意が必要であることなどを分かりやすく解説しました。

この後、システムズのマイグ―ションアプローチについて、資産棚卸、調査・分析、変換設計からテスト、運用までのフローと当社独自の技術的ポイントを紹介しました。また、VB変換ツールを使ったデモやVBマイグレーション事例の紹介などを行い、プログラムを終了しました。当社のセッションは、メモを取る姿も見られるなど、多くの参加者が熱心に聴き入る光景が、興味深い内容であったことを物語っていました。

休憩時間には、会場後方にブースを設け、マイグレーションプロバイダとしてのノウハウと各種ソリューション、サービスを展示パネルやカタログで紹介しました。当社のセミナー終了後には受講者からの個別質問なども寄せられ、大きな反響をいただきながら、本日のプログラムを終えることができました。

 

システムズでは、東京・五反田の本社ビルで無料マイグレーションセミナーを定期的に開催しており、今回ご紹介したWindowsレガシーの問題も含めた、さまざまなマイグレーションのアプローチを取り上げています。経験豊富な担当者による無料相談会も実施しており、レガシーシステムの刷新や再構築をご検討中の企業は、ぜひお気軽にご参加ください。

プログラム


12:30 受付開始
13:00〜13:50

【ゲスト講演】
『クラウド移行を視野に入れたインフラストラクチャー設計 〜 ハイブリッドな認証基盤 編』

日本マイクロソフト株式会社 安納 順一 氏

13:50〜14:30

『Windows Serverのリプレースと合わせて実施するマイクロソフトコミュニケーション基盤の刷新』

SCSK株式会社 佐藤 利宏 氏

14:30〜14:40

休憩・ブース交流

14:40〜15:20

『XPより影響大!?“手ごわい”サーバー移行の勘所 〜 アプリケーションサーバーのマイグレーション検討シナリオ 〜』

株式会社システムズ 中本 周志/板倉 俊幸

15:20〜16:00

『レガシーOSで稼働するシステムを今のまま使い続けられる画期的なマイグレーションサービスとは〜システム延命サービスのご紹介〜』

株式会社ファナティック 斉藤 悦彦 氏

16:00〜16:10 休憩・ブース交流
16:10〜17:00

【特別講演】
『第3のプラットフォーム時代に備える次世代ITインフラの展望 〜Windows Server 2003マイグレーションをイノベーションにする〜』

IDC Japan株式会社 入谷 光浩 氏

 

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)