レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2017年開催のセミナー・出展イベント  >  Cloud Days 名古屋 2017

出展レポート

「Cloud Days 名古屋 2017」に出展

Cloud Days 名古屋 2017クラウド時代の最新モダナイゼーション事情を、
ブース展示とセミナーで紹介

Cloud Days 名古屋 2017

システムズは、5月30日(火)・31日(水)の2日間、名古屋国際会議場で開催された「Cloud Days 名古屋 2017」に参加しました。

クラウド、IoT、セキュリティ、ビッグデータ、モバイルといったキーワードをテーマに7つの展示会が同時開催されましたが、クラウドは中でも企業が注目するテーマの1つです。システムズは、ホストコンピュータからWindowsレガシーまでのモダナイゼーションでは独自のノウハウと高い技術・品質を誇っており、コンサルティングからクラウド移行アーキテクチャ設計支援までのクラウドモダナイゼーションに関するサービスを提供しています。

会場となった名古屋国際会議場 セキュリティ、IoTからワークスタイル変革までの展示会が集結
会場となった名古屋国際会議場 セキュリティ、IoTからワーク
スタイル変革までの展示会が集結
2日間で約4,500名が来場した システムズのブース
2日間で約4,500名が来場した システムズのブース

展示会場のブースでは、クラウド基盤の活用を前提に、システムの見直しや再構築に関する豊富なソリューションとサービスを資料やデモなどで紹介しました。とりわけ、東海地区の企業の注目を集めたのがWindowsレガシーモダナイゼーションで、さまざまなご相談が寄せられ、活発な名刺交換が行われました。

システムズのブース システムズのブース
多くの来場者にお立ち寄りいただいた

レガシー再生方法のセミナーにも注目集まる

会期2日目の31日(水)には、会場内のセミナー会場で、『クラウド時代のモダナイゼーション最新事情!レガシー再生手法を事例と変換デモで解説』と題したセミナーを開催しました。

セミナー受講風景
中本周志
講演を行った当社の中本周志

講演を行った当社マイグレーション事業本部 企画推進部部長の中本周志は、当社のモダナイゼーション(マイグレーション)の豊富な経験と実績を挙げながら会社概要を紹介した後、本題である老朽化システムを近代化するモダナイゼーションの解説に入りました。まずは、モダナイゼーションとは何か、新規開発とどのように異なるのか、現行資産分析(棚卸)から移行性検証、変換移行作業、テストまでの流れやコストや期間のメリットなどを紹介しました。

このあと、クラウドに話題を転じ、モダナイゼーションでクラウドを活用する理由として、インフラの調達(キャパシティプランニングが不要)、コスト(人的コストの低減や自社サーバーでないことでの税制上のメリットなど)、管理(クラウドサービスの活用で機器の更新から解放される)といった、さまざまな側面から解説しました。

続いて、リライト手法を用いたホスト系のモダナイゼーションを解説、変換仕様書を作成し、それに基づいて変換ツールのカスタマイズなどを行うことを説明しながら、実際にメインフレーム向けのCOBOL to Javaの変換ツールデモを紹介しました。また、リライト手法によるモダナイゼーション事例も数例を紹介、いずれの事例もクラウド基盤への移行により、コスト面で大きな効果を上げたことを強調しました。

変換ツールによるデモ
講演では変換ツールによるデモも披露した

後半ではオープンレガシーのモダナイゼーションにも言及しました。中本は、Windows XPに続いてWindows Vistaの延長サポートが終了したことなど、Windowsレガシーのセキュリティリスクについて指摘、多くの企業が抱えている課題であるVB6.0開発アプリ資産の.NET化についても解説しました。Windowsレガシーモダナイゼーションのアプローチやポイントと合わせて、VB変換デモも紹介、続いてVBモダナイゼーションの事例もいくつか挙げました。事例で紹介された企業の中には、アップグレードウィザード後のエラー数が17万6000個というケースもあり、受講者も真剣な表情で事例に聴き入る様子が見られました。

中本は最後に、「現行のレガシーシステムのあり方や課題は企業によって千差万別であり、それぞれが目的やリスクなどを十分検討・考慮の上で最適にモダナイゼーション手法を選択すべきだ」と強調して講演を終わりました。

アンケートと引き換えに当社オリジナルグッズをプレゼントした Cloud Days 名古屋 2017
Cloud Days 名古屋 2017
アンケートと引き換えに
当社オリジナルグッズをプレゼントした
 

開催概要


名 称

Cloud Days 名古屋 2017

会 期

2017年5月30日(火)・31日(水) 10:30〜17:30

会 場

名古屋国際会議場

主 催

日経BP社

入場料

3,000円(消費税込、事前登録者、招待券持参者は無料)

同時開催

ビッグデータEXPO 名古屋 2017/セキュリティ 名古屋 2017/モバイル&ウエアラブル 名古屋 2017/IoT Japan 名古屋 2017/ワークスタイル変革 名古屋 2017/FACTORY 名古屋 2017/Japan VR Summit Nagoya 2017


システムズセミナー概要


プログラムNo

C-24D

日時

5月31日(水) 14:00〜14:40

会 場

D会場

演 題

クラウド時代のモダナイゼーション最新事情!
レガシー再生手法を事例と変換デモで解説

老朽化システムを近代化するモダナイゼーションは、新規開発に代る選択肢として再注目されています。本講演では9つのモダナイゼーション手法から、現行のプログラム資産を変換し移行する「リライト」による移行事例に変換ツールデモを交え、ホストとオープンレガシーからのモダナイゼーション最新動向を紹介。

システムズ
マイグレーション事業本部 企画推進部 部長
中本 周志

 

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)