レガシーシステム再構築の選択肢の一つ『マイグレーション』に関するセミナーや展示会などシステムズのイベントをご案内。

レガシー再生時代のマイグレーションセミナー開催中

 

マイグレーションセミナー・イベントTOP  >  2018年開催のセミナー・出展イベント  >  ITモダナイゼーションSummit 2018

出展レポート

「ITモダナイゼーションSummit 2018」に出展

システムズは、2018年4月13日(金)に東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ITモダナイゼーションSummit 2018 ~どうする? 最後のレガシー~」 (主催 : 日経 xTECH) に展示協賛しました。

今年で4回目の開催となる本イベントは、モダナイゼーションに関する悩みを抱えた企業を支援する専門セミナーです。当社は展示ブースを設置し、レガシーシステム資産の「可視化」から「変換」で実現する、今こそやっておきたいITモダナイゼーションのポイントの数々を紹介しました。

システムズ展示ブース

当日は、COBOLコンソーシアムの特別講演として「基幹系ホストシステムのプラットフォーム統合」というセッションが実施されましたが、ブースでは当社が参画したこのプロジェクトの事例も展示で紹介しました。

当日の参加者は、400名を超え、2つの会場で行われた12の講演は、特別講演から協賛各社によるソリューション講演まで、いずれも大盛況となりました。

多くの受講者が集まる会場

この中で、唯一の展示協賛企業である当社のブースには、セッションの合間など多くの受講者にお立ち寄りいただきました。モダナイゼーションをテーマにした専門イベントということもあって、来場者の意識は高く、ブースでは当社のソリューションやサービスに興味を示していただいた方々との活発なやり取りが行われました。

展示ブースでは活発なやり取りが行われた

システムズでは、今回取り上げたシステム資産の可視化やリライト手法をはじめ、ITモダナイゼーションのキーとなる話題に関し、より詳しく、また実例を紹介するセミナーを定期的に開催しています。4月25日にはWindowsレガシー/VB6.0資産移行対策に関するセミナーを実施します。受講は無料です。 当社のホームページ をご覧の上、ぜひお気軽にご参加ください。

<< 2018年5月 追加情報 >>
COBOLコンソーシアム
Webサイトに、ITモダナイゼーションSUMMIT2018 セミナーレポートが公開されました。また、当日の COBOLコンソーシアム関連セミナー レビュー記事については、日経BP社の
「日経xTECH Special」にてご覧いただけます。
ITモダナイゼーションSUMMIT 2018 レビュー 「どうする?最後のレガシー」

会場入り口風景 ITモダナイゼーションSummit 2018 カタログコーナー

ITモダナイゼーションSummit 2018

ハードウェアやソフトウェアのサポート切れからセキュリティ対応まで、今こそやっておきたい『ITモダナイゼーション』のポイントを展示で紹介

イベント名

ITモダナイゼーションSummit 2018

会 期

4月13日(金) 10:00〜17:20

会 場

東京コンファレンスセンター・品川

主 催

日経 xTECH

協 力

日経SYSTEMS、日経コンピュータ、日経NETWORK

協力団体

COBOLコンソーシアム

協 賛

アクセンチュア、日立製作所、コベルコシステム、マイクロフォーカス、日本ティーマックスソフト、レッドハット、東京システムハウス ほか

展示協賛

システムズ

受講料

無料(事前登録制)

 

■セミナーに関するお問い合わせ
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 (システムズのホームページはこちら→)
TEL 03-3493-0032(ダイヤルイン)
受付時間 9:00〜17:45(土・日・祝日を除く)
FAX 03-3493-2033(24時間受付)